« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月27日 (月)

12/23 北浦 沖の二つバエ 釣り

12/23 A師匠と久々に釣行しますよ。

最近北浦は二つバエが釣れてるらしいので、場所取りする為に、前日の22時に出航です。

暖房用の器具も持って行ったので、荷物が2人でこれだけありました。通常の倍近く。

P1000742

先客もおらず二つバエに上礁でき一安心。

最近寒くなってきて深夜の冷え込みを心配してましたが、A師匠が万全の準備!!

ピラミットグリル↓

たき火であったか♪

Konnro

オガライト↓

火付もよく長持ち。

Photo

アルポット

内部がアルコールランプみたいになってて、水が沸かせます。風や雨でも火が消えない作りになってます。

あったか~いカップ麺が磯で食べれます。もちろん焼酎お湯割、酒の熱燗もOK!Photo_2

他にも使い捨てカイロ、アルコールカイロ、寝袋等も持参し寒さ対策は万全。

A師匠準備良すぎます。おかげさまで夜釣りが温かくできました。

早速、イカ釣りヤエンでやりますよ。

5分も経たないうちにHit。水深が20M程度あるので根掛は心配無用。

5分待って、テンションかけるとかなり潜っている、寄せなくてもラインに角度があり、十分ヤエンが落ちそう。即ヤエン投入。1杯目なので慎重に取り込み。

アオリイカ400g。

P1000743

水深もあり、取り込みやすく、釣りやすいです。

15分後に再びジージーーーー

今度は小さそう。

素直に取り込めて

アオリイカ300g

30分後にジーーーーーージーーーー

今度は大きそう。20mくらい持ってかれてる。

ヤエン投入。イカが掛かったのを確認して大きく合わせを入れます。

う~ん重い。大物の予感。

キターーー

アオリイカ1.1Kg

人生初のキロオーバー。

P1000744

その後、A師匠と宴会をやりながらの釣りとなり、2バラシ、2ウツボ。

朝方に500gを追加してイカ釣り終了。

4杯釣って結構満足です!!

夜が明けてきました。

釣り場はこんな感じです。

西側。

P1000748

東側。

P1000749

向こうに見えるのは は地の二つバエです。

P1000750_2

これ島野浦かなぁ。

P1000751

そろそろフカセ始めますよ。

今日の竿はA師匠からがまかつ G-Tune をお借りしてます。

A師匠に現在2連敗中ですが、今日勝ったらこの竿あげるよ。とのお言葉絶対勝ちたい!!

午前中、全然釣れん。A師匠は着々と数を重ねてます。

お昼前に30cm前後を連続で2枚上げて一安心。

釣果はA師匠に数、大きさ共に先手を取られており、大物がこないと逆転不可能な感じです。。。。

しかしドラマがおきた。

ウキがゆっくり沈んだので軽くアワセを入れるとメジナの引きです。

結構でデカい?いや。かなりデカそう。

竿のタメを最大に使って浮いてきました。

高い竿はいいですね。

素人の私でも楽に釣り上げることができました。

口太メジナ 52cm 1.7Kg

P1000747

いや~うれしいです。

その後、潮が悪くなりパッタリ。

おまけに岩に躓き、お借りしてた G-Tune の1番折っちゃいました。

師匠申し訳ございません。。。

師匠より『竿は修理すれば直るからいいよ。それよりケガなかった。』とやさしいお言葉。。。。ありがとうございます。

16時に納管です。

師匠との釣りバトルに勝ち  G-Tune 頂いちゃいました。

こんな高価な竿は、私には買えないので修理して大切に使わせてもらいます!!!

師匠本当にありがとうございます。

今日の釣果です。

P1000753

イカも大物も釣れて大満足です。

楽しい釣行となりました。師匠また連れて行ってくださいね。

次はラッキーBIDではなく実力で勝負させてください。(笑。

2010年12月17日 (金)

ヤエン釣りについて

ヤエンを始めて釣行が合計5回、釣果は11杯となりました。

ヤエンについてここまでのまとめを綴ります。

■竿

・5M前後で1.5号~2号の磯竿が良い

・中通し(インターライン、インナーガイド)の竿は穂先の絡みがなく使いやすい

・低反発で先調子がよい

■リール

・2500番~3000番のスピニングリール(ドラグ付)

・リアドラグのヤエン用リールがおすすめ。

■ライン

・磯用の2~4号でOK。3号がお勧め。

■ハリ

・チヌ用2~3号

・メジナ用8号以上

・泳がせ用のハリがありますが特に必要なし。

■ヤエン

・市販品ならどれでもOK。お好みで。

・580円のヤエン使ってますが、特に問題ないです。

■エサ

・活きアジ(15㎝前後)

竿は1.5号がイカを寄せる際に違和感が少ないようでイヤイヤが少ないように思います。

ただ500gを超えるとぶり上げが厳しくなりますのでタモ、ギャフが必須になります。

ヤエン釣りは夜釣りが多くなるので、中通しが竿先の絡みがないため、手返しも良くなり釣果も上がります。外ガイドよりラインの出が多少落ちますが、フカセ釣りなどの軽い仕掛けではないので気になりません。私は現在シマノセレーネ1.5号5.3mを使用してます。

リールは磯用のリールでも代用できますが、リアドラグがあったほうが断然有利で楽です。ヤエン用のリールはドラグの音も大きく、瞬時にドラグ調整ができます。ドラグの調整を頻繁に変える釣り(置竿中→ゆるゆる、イカ寄せ→テンションかけてやっと巻ける程度、ヤエンでイカを掛けた後→イカのジェット噴射が吸収できる程度)なのでリアドラグは重宝します。

私はシマノ アオリスタBB C3000を使用してます。6,000円でこの使いやすさはかなりおすすめです。シマノとダイワは少しドラグの使い方が異なります。個人的な意見ですがシマノのほうが使いやすいです。